毛深くてカミソリ負けしてしまう女性の対処法

毛深くてカミソリ負けしてしまう女性の対処法

カミソリ負けする人披見!赤み対策と予防方法

 

手軽に脱毛処理ができるから、ついつい自宅で自己処理をしているけれど、カミソリ負けしてしまって、赤くなってしまった!

 

もう1週間にもなるのに赤みが消えないで悩んでいますなんて方おられませんか?

 

カミソリ

 

どうしてカミソリ負けしてしまうの?カミソリ負けしなかったらお手軽なお手入れでいいのに・・・なんて思っていませんか?このサイトを読んで頂いている方は、1度は経験しているのではないでしょうか。

 

カミソリ負けは、そもそもカミソリの使用方法が間違っているために起こるトラブルです。もちろん、使用方法だけでなく、その方個人の体質やデリケート肌などの肌質も起因しています。

● 肌がデリケートで、外部刺激の影響を受け易い、“敏感肌“
● 脱毛したいと思う方が最も多い、毛が濃く太い“剛毛女子”
● 肌の色が白いもち肌の“色白さん”

大きく分けると上記3点ですね。
1つでも当てはまる項目のある方は、特にカミソリを使用するお手入れをする場合、お手入れ前に使用方法を再確認したほうが良いでしょう。
カミソリ負けから逃れることが出来ません。

 

医療レーザー脱毛の専門家

この記事の執筆責任者

編集長 田中 美代子
元エステティシャン。施術者として医療脱毛クリニック、脱毛エステサロンの両方を合計15年経験し、脱毛をしたい方の相談件数は1000件を超える。
最先端の脱毛情報と現場から得た経験をもとに、当サイトの編集を行っている。

 

こんにちは!元脱毛サロンエステティシャンの田中です♪

 

こちらのサイトでは、カミソリ負けにより赤くなってしまう・・・そんな方のために事前に出来る予防方法や、万が一赤くなってしまった場合、どのようにケアしたらよいのかなど、様々なケースに合わせた方法を掲載しています。

 

今までに、カミソリ負けしたことがある人、赤みが消えなかった人、今までに幸いそのようなトラブルが無かった方もきっと参考になると思いますので読んでみていただければうれしいです。

 

カミソリ負け、どうして出来るの?原因を取り除いてみよう。

 

今までにカミソリでムダ毛のお手入れをして、カミソリ負けをしてしまって、ヒリヒリしたり肌が赤くなってしまったり・・・なんてことありますよね。このカミソリ負けは原因がありますので、それを取り除くことでこの悩みは解消されるのです。

 

カミソリ負けの原因を知り、上手に自己処理をして欲しいと思います。

 

肌の質は1人1人全く違ので、一言でカミソリ負けしてしまった・・・といいても赤くなってしまう原因も1人1人違ってきます。したがって、通常、カミソリ負けの原因だと言われている項目についてお話しておきたいと思います。

 

赤み

 

「カミソリの刃、定期的に交換していますか?」

カミソリは、一般的にどこでも売られていて、手に入り易いし安価なため、普段のムダ毛のお手入れに使用しやすいアイテムですが、安価なものは特に、カミソリの刃が劣化してしまい、切れなくなってしまいます。特に剛毛女子の毛は、濃く太いため、すぐに刃が使えなくなってしまいます。

 

また、ずっと使っている刃は、衛生面でも良くありません。刃がきれいでなかったら、毛がスムーズに切れなくなり、皮膚が赤くなってしまいます。

 

いくら高級なカミソリを使っていても1ヶ月に2回程度は交換したほうがベストです。

 

また、安価なタイプを使用している場合、「使い捨て」くらいの感覚で交換すると良いかもしれません。

 

● 何度も同じところを剃る

剛毛女子に多いパターンなのですが、カミソリで剃った後、毛の断面がかなり目立つようになってしまうため、黒いボツボツが気になります。それを何度も剃ってしまったりします。
1回カミソリで剃るだけでも、肌にかなりのダメージをカミソリは与えているのに、何度も剃ってしまうと、かみそり負けしないほうが不思議なのです。赤みの大きな原因にもなっています。この黒いボツボツは、脱毛サロンや医療脱毛にお任せするか、抑毛剤で地道に毛を細くしていくという方法もあります。

● 逆さにカミソリで剃ってしまう


カミソリは、通常、毛の流れと同じ方向にカミソリを動かして使用します。しかし、刃の劣化などで、どうしても綺麗に剃れない場合があります。そんなときについ何度も・・・なんてこともあります。また、逆さ剃りは肌へのダメージがかなり大きいため、絶対しないようにしましょう。

 

● 事前のお手入れに問題が・・・

入浴中についでにカミソリを使って処理をしている方、多いのではないでしょうか。

 

確かに、お風呂場ならすぐに洗い流してしまえますし、お風呂で、毛が柔らかくなり剃り易くなります。

 

また、ついつい石鹸をつけて剃ると皮膚が乾燥しやすくなり、この行為を繰り返すことで肌が弱くなってしまいます。これが、カミソリ負けの原因となってしまうのです。

 

● 剃った後のお手入れに問題が・・・

剃ったあと、面倒だからお手入れしない・・・、とりあえず疲れたから休憩などしてしまい、面倒になったり忘れてしまったりで、アフターケアをしないという方案外おられます。とりあえず休憩してしまうとついつい忘れてしまいます。

 

剃った後の皮膚には、必ず保湿クリームで保湿しましょう。

 

ダメージを受けた肌は、ケアしてあげないと、どんどん酷くなってしまいます。専用の保湿クリームを用意する必要はありませんので、ボディクリームでも問題ありません。少しでも早くケアをしましょう。

 

まとめ

 

Vラインの脱毛でカミソリ負けしないトップ5

「赤くなってしまうだけでなく、変に半端にVラインに毛が残ってしまったり、でかなり痒いのです!掻いてしまうと赤くなってしまって治らないし、どうしたらいいの?」なんて悩みありませんか?

 

Vラインは、他の脱毛部位と比較してもデリケートで、殺菌が入り易い蛍光にあるため、間違ったムダ毛処理でかなりの確率でカミソリ負けをします。

 

もちろん、触らないのが一番良いのはわかっているのですが、すぐに新しいムダ毛がはててくることで、チクチクする上に、また新しいムダ毛が生えてくるし・・・痒いのは全くおさまらないまま、何も解決されません。どうしたら綺麗にできるのでしょうか?とひそかに悩んでいる方、多いようですよ。

 

Vライン

 

Vラインをカミソリでお手入れする時に何を使ってる?

 

Vラインをカミソリでお手入れする時に、どうしていますか?市販されているシェービングジェルなどを使用して、刃のすべりをよくしていますか?
いくら家族とはいっても、あまりお手入れしているところを見られたくない・・・そんな気持ちにさせられるためか、部屋に処理後のムダ毛を落としたりしないように手っ取り早く、入浴時にお手入れしてしまえばよいと簡単に考えてしまいがちです。

 

しかし、どこのお風呂場にでもあるボディソープや石鹸をシェービングジェルの代わりに使うことは絶対にやめましょう。なぜなら、シェービングジェルなどとは違い、ボディソープは、体の汚れを落とすものなので、必要でない油分も落とす役割をします。

 

その上、カミソリでムダ毛のお手入れをすることで更に皮膚を傷つけたり油分を擦り取っているようなものなので、肌にすっかり油分がなくなってしまうのです。
十分な保湿液やクリームでお手入れをしなければカミソリ負けの原因となってしまいます。
また、この行為を何度も行うことで更にカミソリ負けする環境を作り出しているのです。

 

カミソリ、買い替えてますか?使用後どこに置いてますか?

Vラインは、なぜか入浴時にお手入れする方が多く、お手入れ後、カミソリを放置したままにしてしまっている方結構いらっしゃいます。
浴室は、ご存知の通り、あまり良い環境ではありません。
湿度も高く、様々な菌が沢山います。

 

 

入浴

その証拠として、カビ(黒カビ、赤カビ)なども発生しやすい場所ですよね。

 

いくら使用後綺麗に洗って干しているつもりでも、放置している間に刃が錆びてしまったり、菌がついてしまっています。

 

その様な刃を使用して、後日またお手入れするのですから、問題がない訳がありません。

 

入浴時にお手入れをした場合は、使用後のカミソリもしっかりお手入れしましょう!
使用後は、風呂場に置きっぱなしにしないで、外に出して、綺麗に拭いておきましょう。ちょっとした心がけだけで、カミソリ負けは軽減出来るのです。

 

いくらきっちりカミソリのお手入れをしていても、月に2回はカミソリを新しいものに交換するようにしておけば、Vラインをカミソリでお手入れしてもカミソリ負けをしてしまう可能性はぐんと低くなるでしょう。

 

何回も同じ場所を色々な方向から剃るのはどう?

Vラインは言う間でもありませんが、他のムダ毛が生えている部位と比べても、毛量が断然多く、太くて濃いのが特徴です。それは、普通の毛量の方でも同様です。剛毛女子はもっと沢山の毛が生えているので、剃っても剃っても毛が残っている・・・みたいな感じになり、イジになってしまいあらゆる方向から、カミソリで剃ってしまっているなんていう方が大多数のようです。

 

この行為は、目には見えないのですが、皮膚を傷つけているのと同じことなのです。

 

何度も同じ箇所をカミソリで剃らなくても、カミソリを使って処理をしている時点で、肌を傷つけていることになっています。更に何度も剃ることを繰り返してしまうと、傷が悪化していく一方です。

 

これが、Vラインがカミソリ負けしてしまう要因となっています。ちょっと気にかけるだけで、カミソリ負けは無くなりそうですね。

 

カミソリ負けによるダメージや赤みを予防する方法

カミソリなどの自己処理により、肌が赤いブツブツしたものや、ヒリヒリするなどの症状がある方は、出来るだけ肌に触れないようにし、悪化させないようにすることが近道といえます。

 

特に、Vラインがこのような症状になってしまった場合、下着などが常に炎症部位に触れてしまっていますので、なかなか安静に・・・とはいきませんが、カミソリ負けしてしまったら、炎症が完全に治まるまでムダ毛処理はやめましょう。

 

では、かゆくて仕方が無い・・・という場合どうしたらよいでしょう。

 

痒いのを我慢するのは、かなりのストレスとなります。

 

どうしても痒みが治まらず、我慢が出来ない場合、氷水やアイスノンなどをタオルで巻いたものを患部に当てて冷やしてあげると痒みはましになるでしょう。我慢が出来ないからといってついつい?いてしまうと、良くなるどころか悪化する一方です。カミソリ負けも直りません。

 

4日ほどは様子を見ましょう。

 

あと、お風呂に入ったりして皮膚を温めたりすることで痒みや痛みが悪化してしまいますので、長時間の長湯や湯船に浸かったりして、体を温めたりもしない方がよいでしょう。

 

今までに書きました項目を簡単にまとめてみました。

 

・ 肌に摩擦などによるダメージを与えない

・ 4日ほど、触らずに安静に
・ いくら痒くても触らない。?かない。
・ どうしても痒いのが我慢できない場合、患部を冷やす。
・ お風呂は湯船に浸からず、シャワーで簡単に
・ 体を洗う際は、ゴシゴシ擦らないように

 

"
"カミソリ負けしない、Vラインのお手入れ!

 

Vラインのお手入れは、8割の以上の女性がカミソリを使っているにもかかわらず、使い方についてはさまざまな意見があるのです。Vライン脱毛やムダ毛処理全般に関するアンケートなどを実施すると、びっくりさせられます。

 

特にVラインは、カミソリでお手入れしている方が多いにもかかわらず、最もデリケートな部分です。きっちり正しい方法で、お手入れしなければカミソリ負けしてしまいます。正しいお手入れ方法を学んで、カミソリ負けしないようにしましょう。

 

カミソリ負けしない、Vラインのお手入れ!〜前準備〜
前もって準備するべきものとして

●新しいT字カミソリ(刃を交換したものでも可)

●ハサミ(ムダ毛が長い場合)
●シェービングフォーム(シェービングジェル)
●お手入れ用クリーム
●カミソリ負け対策の薬

 

 

カミソリ負けしない、Vラインのお手入れ!〜具体的な方法〜
アイテムもそろいましたし、実際にVラインのお手入れに入ります。

今まで自己流でも実際にお手入れしてきた方にとっては、少し面倒くさいなと思ってしまうかもしれません。

 

しかし、これは色素沈着などトラブルの後日発生を極力減らすための手段となります。

 

しっかり守ることでカミソリ負けしないようになりますので、必ず実践して欲しいと思います。

 

@ お風呂に入り、体を温めます。そうすることで、お手入れしたい部分のムダ毛を柔らかくすることが出来ます。

 

A ハサミを使用し、簡単にカットします。その後、準備していましたシェービングフォームを塗りむらや、塗り忘れの無いように丁寧に塗ります。しっかりシェービングフォームをムダ毛にしみこませます。

 

B ついに、カミソリを浸かって処理していきます。処理したい部分の周りをしっかり抑えて毛の流れに沿って剃ります。(順剃り)

 

C 1回で綺麗にならない時があります。その際は、再度シェービングフォームをなじませ、再度流れに沿って剃ります。(逆剃り)何度も同じ箇所を剃ることは絶対に避けましょう。

 

D 冷たいシャワーで、処理した部位を綺麗にすることでクールダウンさせます。
同時に、毛穴を引き締めることができます。

 

E 清潔なタオルで優しく拭きましょう。その後、ジェルやクリームを使ってしっかり保湿しましょう。

 

F 数時間、炎症がおこらないか注意しましょう。時間がある程度経過して、お手入れした箇所が問題なければOKです。もし、何らかの違和感を感じるなら、再度保湿クリームなどでお手入れしましょう。

 

カミソリを使用して処理する前に、ハサミで短くカットしておくと、剃り残しが少なくなり、何度もカミソリで同じ場所を剃る必要がなくなり、肌へのダメージが断然少なくなります。何となく行っているムダ毛カットですが、重要な意味があったのです。

 

更に、出来るだけ、はじめの順剃りで仕上げられるようにしましょう。

 

しかし、剛毛女子はなかなかそううまくはいかないものです。逆剃りはすればするほど、肌へのダメージが大きくなりますので、しっかり周囲を手で押さえながら、最低限の回数で丁寧に処理しましょう。

 

リラックス

足のムダ毛をカミソリで処理してみたらカミソリ負けしちゃった!どうしたらいい?

入浴中って、足も濡れていて、カミソリを使って足のムダ毛を処理しても、後は洗い流すだけでお手軽なので、ついついしてしまうのよねぇという女性多いようですね。

 

確かに、お風呂に入っている時に体を洗うと、特に剛毛女子はムダ毛、目に付いてしまい気になって仕方が無くなってきます。確かに気軽にカミソリで処理し、ムダ毛を洗い流せるのですが、ちょっとした不注意でカミソリ負けになってしまい、あとから悩まなければいけなくなります。

 

もしかして、既に同じような悩みをもっていて、「そう、私も!」なんて思っていませんか?

● ついつい、足のムダ毛処理をカミソリでしちゃうけれど、すぐに生えてくるしチクチクと痛いし、カミソリ負けしてしまう
● 細心の注意を払っているつもりだが、カミソリを使ってお手入れをすると赤いブツブツが出来てしまい、気持ち悪い状態になってしまう
● なぜか、カミソリで処理後、黒いボツボツが出来てしまい、毎回カミソリ負けする
● カミソリでは負けてしまうので、他の方法をトライしてみても、脱毛シートや除毛クリームも綺麗に処理出来ないし、肌は荒れてしまい、良い方法が見つからない。

以上の項目に1つでも「これ、私だ!」と思うことが書かれているならばラッキーです。
一度最後までこちらのサイトを一読してみてください。そうだ!と思える内容になっていると思います。

 

 

あと、女性の場合、月経前後や睡眠不足や風邪などの理由で体調が万全出ない場合、肌の状態も万全ではないと思っておいてください。

 

肌も敏感になっておりトラブルを起こしやすい状態になっていますので、脱毛のお手入れはしないほうがよいでしょう。

 

カミソリで足全体のムダ毛処理をしてしまい、カミソリ負けしてしまったら?

足がカミソリ負けしてしまったら、面積が広いので、ワキなどのカミソリ負けとは違い、腫れたような状態になってしまい、見た目、大変な状態になってしまいます。

 

赤いボツボツが出来て痒い・・・なんていうレベルではないのです。このカミソリ負けの主な原因は、カミソリを何度も使いすぎていて、刃が古かったり錆びてしまっていることに気がついていないことがあります。もちろん、刃は金属ですので、金属アレルギーが原因となっている場合もあります。

 

 

いずれにしても、このような症状になった場合、少しでも早く皮膚科へ通い、きっちりと治療していただきましょう。今まで、金属と接触しても腫れたりしなかったから、私は金属アレルギーじゃない!と思っている方、それは大きな間違いです。金属アレルギーになるきっかけスイッチは誰もが、体内に持っているといわれています。

 

 

そして、今まで金属アレルギーになったことが無くても、突然その日がやってくるかもしれません。その時の体調なども大きく左右されます。したがって、足全体のカミソリ負けを何度も経験するならば、金属アレルギーかもしれません。皮膚科医に相談してみると良いでしょう。

 

 

☆ 金属アレルギーってなに?
金属から出てくる金属イオンが、人間の体内にあるたんぱく質とくっつくことで、アレルギー物質となり皮膚に炎症がおこってしまうことをいいます。痒くなったり赤く腫れてしまったり、症状は様々です。

 

日々の心がけで予防できるカミソリ負けの方法

 

足のムダ毛、ついついお手軽だしと思いカミソリで処理をしてしまい、結果カミソリ負けしてしまったなんてことありますよね。そんな時は市販で売られているオロナイン軟膏を患部に塗ったり、どうしようもない場合は医療機関を受診するのも良いでしょう。

 

しかし、日々の心がけでカミソリ負けが予防できるなら今後のためにもしておいて損はないと思いませんか。カミソリ負けしないコツ?お手入れ方法についてまとめました。

 

・《前準備》浴室など湿度の高い、環境のあまり良くない場所にカミソリを置かない。
・《前準備》可能な限りカミソリは毎回、新しいものを準備する。
・《お手入れ前》レンジなどで温めたスチームタオルを準備する。
・《お手入れ前》刃のすべりを良くするために・・・とボディソープを使わないで、専用の商品を準備する。
・《お手入れ時》お風呂場はすぐに洗い流したり出来るので便利は良いが、衛生面の観点からもお風呂場はやめて、脱衣場など部屋で行うほうが望ましい。
・《お手入れ時》ムダ毛の生えている流れに合わせてカミソリで剃る。
・《お手入れ時》逆剃りは、カミソリ負けの原因になるので、可能な限りやめるほうがよいが、剃り残しがある場合のみ逆剃りをするようにする。
・《お手入れ後》毛穴を小さくしたり、炎症を最小限にするため、お手入れした部分を冷やす。
・《お手入れ後》クリームなどで保湿し、水分が逃げないようにケアする。

 

上記にも書きましたが、かみそりによるお手入れは、ついつい便利なのでお風呂場で行ってしまいがちですが、この行為がカミソリ負けの原因の1つとなっていますので、絶対に避けましょう。

 

後の掃除が面倒かもしれませんが、下に新聞などを敷いてその上で行ったほうがカミソリ負けを防ぎ、快適に過ごせると思います。

 

後は、カミソリ以外のアイテム例えば、電気シェーバーなどもオススメです。脱毛サロンなどでも、電気シェーバーでの処理をオススメしているようです。

 

肌へのダメージが少ない上、カミソリ負けもしませんので案外使えるアイテムです。

 

カミソリ負けしない、カミソリの使用方法

カミソリ負けをしないためには、なぜカミソリ負けをしてしまうのか?を考えてみましょう。
大きな原因としては、「カミソリ自体が悪い」「剃り方が良くない」「肌の状態が良くない」の3つになります。この3つの中でも最も多い原因は「剃り方が良くない」なのです。正しいカミソリの使い方を学んで、カミソリ負けを回避しましょう。

 

カミソリ負けしない、カミソリの使用方法

よく、カミソリは毛の流れと同じ方向に剃ると良いと言われますが・・・実際にカミソリでムダ毛処理をしてみると、綺麗に剃れないのです!黒いポツポツしたものが残ったり、全然思うように剃れなかったり・・・その結果、毛の流れとは逆に剃ってしまったり何度も同じ箇所を剃ったりするのでカミソリ負けしてしまうのです。

 

実は、逆剃りをして綺麗に仕上がるのであれば問題はないのですが、これから記載します3点について心がけてお手入れをするとカミソリ負けも少しはましになります。

● 毛の流れに沿って処理をした後、逆に剃ってみる
● 逆剃りをしながら、もう片方の手で処理している部位の肌を押さえる
● 力を入れすぎないで、カミソリを小刻みに動かすことで少しずつ剃る

剛毛だと、すぐに綺麗に剃れないので何度もカミソリを動かすことになってしまいます。以上の点に気をつければ毛深くてもかみそり負けを回避できそうです。"

剛毛・毛深い方が通う脱毛サロンランキング

現在、
効果が高い/リーズナブル/安心安全/口コミ評価が高いなど、
数多くの分析項目を総合して、評価が高い脱毛エステ・医療脱毛クリニックをランキングにしました!

 

評価が高い=人気が高いということで、早めに申し込むことをおすすめします!

 

第1位 アリシアクリニック

アリシアクリニック


剛毛女子から圧倒的な支持!
医療レーザーだから根こそぎ脱毛!


お得な料金設定でコスパが高い♪
医療脱毛なのに痛みがかなり少ない!
接客が丁寧で脱毛初心者にもわかりやすい!

脇脱毛の説明1アリシアクリニックはずばり、効果の高い医療レーザー脱毛をしたいけど、痛いのは怖いという女性におすすめのクリニックです。

 

部位別脱毛、セットプランが安く、これは永久脱毛ができるクリニックの中で一番安いかと思います。
さらに、金利が0円で24回分割払いができるので、お財布にも優しいですね。
そして美肌ケアも充実しており、ローションや保湿クリームなど、その人の肌の状態に合わせて使ってくれます。

 

 

価格 接客 技術力

脱毛サロンの評価

脱毛サロンの評価

脱毛サロンの評価

アフターケア 予約しやすさ 設備

脱毛サロンの評価

脱毛サロンの評価

脱毛サロンの評価

 

総合評価 4.8

 

 

全身永久脱毛サロンへ

 

第2位 キレイモ

通常


美肌&スリムアップもできると話題!
女性が美しくなるための脱毛♪


33か所も脱毛できる剛毛対応全身脱毛♪
初月費用負担ががかなり安い
予約が取りやすいから計画通りで安心♪

脇脱毛の説明1キレイモは脱毛はもちろんですが、コンセプトが”女性が美しくなる”ということで、スリムアップ、美肌も実現できてしまうという、何とも贅沢なサロンです♪
剛毛の人も多く通っており、最新マシンの性能が非常によく、スムーズに脱毛が可能です。
有名人モデルもご用達で全身引き締めダイエットしています。

 

価格 接客 技術力

脱毛サロンの評価

脱毛サロンの評価

脱毛サロンの評価

アフターケア 予約しやすさ 設備

脱毛サロンの評価

脱毛サロンの評価

脱毛サロンの評価

 

総合評価 4.5

 

 

医療脱毛エステ公式サイトへ

第3位 脱毛ラボ

「選べる部分脱毛」


業界でも屈指の安さを誇る脱毛ラボ!
昨年の安さランキング堂々の1位!


脱毛サロンの中でも圧倒的に安い!
スタッフ全員が脱毛の資格を保有!
会員制限をして、予約の取りやすさ◎!

脇脱毛の説明1脱毛ラボは全身脱毛サロンの中で非常に安い価格で施術を行っており、去年は脱毛サロンの中で顧客満足度1位に選ばれています。

 

全身脱毛専門のサロンとして資格を持ったスタッフが各店舗に常駐しているため、脱毛が不安な方も安心です♪

 

また脱毛ラボは、現役の皮フ科の先生が顧問なので、アフターケアや万が一の肌トラブルも安心です!

 

価格 接客 技術力

脱毛サロンの評価

脱毛サロンの評価

脱毛サロンの評価

アフターケア 予約しやすさ 設備

脱毛サロンの評価

脱毛サロンの評価

脱毛サロンの評価

 

総合評価 4.2

 

 

全身永久脱毛サロンへ

 

調査概要
調査目的:効果が高い・安心安全・評判が良い脱毛クリニック・脱毛エステの情報発信
調査方法:Webアンケート、街頭調査
調査地域:日本国内
調査対象者:483名(10代〜50代の脱毛サービスを受けたことがある女性、および脱毛経験がある女性)